「朝日叩き」あな恐ろし新聞離れ

誤報をネタに「朝日をつぶせ」と販売攻勢を掛けたが「無読者」が増加。新聞全体が信頼失う?

2014年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞の「慰安婦」と「福島第一原発・吉田調書」をめぐる誤報問題は、新聞業界全体に波紋を広げ続けているが、総じて新聞離れを加速させる結果を招いている。朝日は長年愛読してきたコア読者が離れるなどで7​0​0万部割れ寸前。誤報を機に販売攻勢を掛ける読売、産経両新聞などにも予想されたほど読者は流れず、いわゆる無読者が増えている実態が浮き彫りとなってきた。

毎日、中日が「読売批判」

日本新聞協会内では、読売などの販売と一体となった「朝日叩き」に対し、「新聞の信頼回復に逆行する動きだ」との批判が高まっている。読売は「慰安婦報道検証 読売新聞はどう伝えたか」と題した4ページのチラシに続き、9月には「朝日『慰安婦』報道は何が問題なのか」と銘打った20ページフルカラーのパンフレットを朝日読者に配布、読者の引き剝がしを進めた。産経も同様の冊子を配布した。さらに読売は東京、大阪を中心に系列 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。