FIFA主要スポンサー「落ち目」ソニーが降板

2014年12月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ドイツの有力誌「シュピーゲル」が11月3日号で、国際サッカー連盟(FIFA)のトップスポンサー6社のうちの1社だったソニーが、12月末をもって降板すると報じた。すでに契約打ち切りを表明していたアラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空も12月末にトップスポンサーを外れる。ソニーは2​0​1​0年、14年ワールドカップにスポンサー料3億5千万ドル(推計)を支払ったとされるが、18、22年W杯は4億2千万~4億5千万ドルにハネ上がり、経営不振から、ない袖は振れなくなったと見られる。ただ分割払い1回目の3千万~4千万ドルをすでに支払っていたとすれば、平井一夫社長の見通しの甘さが責められよう。FIFAが後釜として交渉しているのは韓国のサムスンだが、こちらも業績が悪化しており、残るトップスポンサーがアディダス、コカ・コーラ、VISAと現代/起亜の4社のため、サムスンが入れば韓国が2社を占めるこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。