プロバイダー乗り換え勧誘ご用心「NTTなりすまし」

テレマーケティング系のMOUとEMNが「遠隔操作」攻勢。そのNGトークに総務省も渋面。

2014年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

国民生活センターが「相談激増! 遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブルにご注意」という発表(9月18日)を行ったのをご存じだろうか。プロバイダー(インターネット接続業者)からの勧誘電話で乗り換えを承諾すると、自宅のパソコンがプロバイダー側から遠隔操作で設定変更され、乗り換えが行われる――というセールス手法への注意喚起だ。勧誘の手法はこうだ。(1)プロバイダーからのセールス電話で乗り換えを承諾すると、ユーザー自身でパソコンを操作して遠隔操作用ソフトのダウンロードとインストールを実施するよう促される。(2)インストールが完了すると、ユーザーは遠隔操作用ソフトのログイン情報をプロバイダーに伝えいったん電話を切る。(3)パソコンが遠隔操作されて乗り換え設定が完了する。(4)プロバイダーから乗り換え完了の電話が入り、後日、契約書類が送付されてくる。遠隔 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。