感染者1万人超、「冬が怖い」エボラパニック

2014年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

咳をする一人の男。それを端緒に爆発的に広がる感染――。1​9​9​5年公開の米映画「アウトブレイク」が描いたパンデミックだ。こうした悪夢が現実となる懸念を拭えない。西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱は11月12日、感染者1万3千人、死者5千人を超えた。感染者は1カ月で倍増した。しかし、これは世界保健機関(WHO)の集計に基づく「控えめの数字」だ。米疾病対策センター(CDC)は「感染者数が公式集計の2​.​5倍は存在する」と見ており、9月下旬には「対応を誤れば、来年1月には感染者が最大1​4​0万人に上る可能性がある」と警告した。その直後、米国でも感染者が見つかり、さらに治療に当たった看護師らが2次感染し、衝撃が広がった。現実は時にフィクションをなぞる。映画は、嘔吐や出血など病のむごたらしさと同時に、感染リスクを見過ごす専門家らの不作為を描いたが、今回の米国での感染事例に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。