「信託のドン」高橋温氏がゆうちょ銀行のトップに浮上

2014年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三井住友信託銀行と日本郵政の急接近に、金融界の警戒感が高まっている。2​0​1​5年秋に株式上場を控えた日本郵政はこの10月、上場準備のために必要となる証券代行業務の委託先として、熾烈な競争の中から三井住友信託銀行を選んだ。日本郵政の証券代行業務は、それ自体としては不採算業務の可能性が高く「三井住友信託の狙いは貸しをつくることにあった」(メガバンク)。また、今年8月には日本郵政グループの日本郵便でクレジットカード決済やコンビニ決済サービスを開始することを目的に、三井住友信託のノウハウを活用することが発表されている。こうした中、メガバンクが警戒するのは「人事交流」――。ゆうちょ銀行の社長・会長候補として、三井住友信託の元頭取(現・相談役)で「信託業界のドン」の高橋温(73)の名前が浮上しているからだ。現社長の井澤吉幸(66)は三井物産出身でマネジメント能 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。