生贄になった朝日「調査報道」

「世紀のスクープ」を、木村社長の謝罪会見の「生贄」に差し出すとは。朝日の病巣は現場ではなく、上層部にある。

2014年11月号 DEEP [反旗を翻すスクープ記者]

  • はてなブックマークに追加

「所長命令に違反 原発撤退 福島第一所員の9割」――。政府事故調の「吉田調書」を独自入手した朝日新聞が、5月20日付朝刊一面に大見出しで報じた「世紀のスクープ」が、歴史の舞台から消えた。9月11日、木村伊量(ただかず)社長が謝罪会見を開き「『命令違反・撤退』という記述と見出しは間違った表現である」との理由から記事を取り消し、「杉浦信之編集担当役員の職を解き、関係者を厳正に処分する」と表明した。吉田所長の指示(発言)を聞いていなかった所員がいるなか、9割が命令違反し、撤退したといえるのか――。所員側へ確認取材を行っていないことが落ち度とされた。しかし、果たして朝日の「吉田調書」報道は、記事を抹消しなければならないほどの「誤報」だったのか、疑問である。「吉田調書」とは、政府事故調が、吉田所長から計13回(2​0​1​1年7月~11月)延べ29時間行った聴取を書き起こ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。