アラブの淑女が「イスラム国」空爆

スカーフで髪を覆い、戦闘機を操るUAE35歳パイロットは米国防総省のアイドル。

2014年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

アラブ初の女性戦闘機パイロット、マリアム・アル・マンスーリは、漆黒の闇のなか、米国製F-16戦闘機の操縦席で準備を整える。米国防総省はマリアムを「自由の淑女」Lady Libertyと称え、勇敢な彼女が「私の小さいスパルタ」と呼ぶ戦闘機を見守るが(名前は本人が歴史への関心からつけた)、イスラム教スンニ派武装組織「イスラム国」(IS)は、拘束したら斬首すると宣言している。彼女はアラブ首長国連邦(UAE)の空爆部隊を率いる35歳の少佐だ。装備は万全だ。彼女の飛行用ヘルメットには、攻撃中に他のパイロットと通信できるようスピーカーが装着され、酸素マスクには部下に指令を伝えるマイクがつく。飛行服には地図、コンパス、敵地で墜落した場合に備えた糧食、救命ジャケットには笛、懐中電灯、位置標識を装備。飛行服のズボンには太腿とふくらはぎ部分に抗重力嚢が挿入され、攻撃でGのかかる操 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。