経産・電力会社が「再生エネ排除」

FITの制度不備を突かれたくない経産省と、火力発電で凌ぎたい電力会社が悪だくみ。

2014年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「舌の根も乾かぬうち」とは、電力会社のことを言うのではないか。夏前には「原子力発電所が稼働していないために電気が足りなくなる」と言い、夏に電力不足が起こらないまま秋を迎えると、今度は「冬を挟み、再生可能エネルギーの大量流入で送電網が耐えられなくなる」と悲鳴を上げる。電気は足りないのか、それとも足りているのか、電力会社の言い分だけを聞いているとわけが分からなくなる。示し合わせたかのように経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)見直しを示唆する。電力業界と経産省が裏でタッグを組み、見据える先には原子力発電所の再稼働がある。

恣意的なデータ選別

再生可能エネルギーに対するネガティブキャンペーンの口火を切ったのは九州電力だ。9月24日、再エネ事業者の送配電設備に対する接続申し込みへの回答を「数カ月間保留する」と発表した。メガソーラー(大規模太陽光 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。