みずほ銀転落幹部の「特命」

超高利回りで100億円以上集めて“蒸発”。警視庁は「単独犯」と見るが、旧第一勧銀系の原罪が見え隠れ。

2014年11月号 DEEP [ぎょうせいファンド詐欺]

  • はてなブックマークに追加

みずほ銀行の「特命」を帯びた汚れ役か、それとも、転落した口から出まかせの詐欺行員か――。2年以上前からくすぶり続けてきた金融界の不思議な事件が、2億6千万円を預けた投資家の告訴状を警視庁捜査2課が受理、ようやく捜査が始まった。2​0​1​2年9月に懲戒解雇されたみずほ銀行審査第二部元審査役の及川幹雄は、投資家を欺いて1​0​0億円を超えるカネを集めたとされるが、その嘘がバレなかったのは、みずほ銀行で支店長まで経験した幹部行員の肩書と、商談の場に利用した当時の本店(大手町に本店移転後は内幸町本部ビル)応接室という舞台装置だった。告訴したのは都内の医師だが、事件そのものは一般的な詐欺事件の構図だ。及川が約束したのは月利3%(年利36%!)という法外な利回り。誰しも眉唾だと思うし、「株式会社ぎょうせいの社長が、株を買い戻すためのファンドに投資して欲しい。社長からの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。