「噴火列島」目をつぶる原発

御嶽山は噴火多発期に入った日本列島の叫びであり、未曾有の原発震災から、我々は何を学んだのか。

2014年11月号 LIFE [危ない火山と原発]

  • はてなブックマークに追加

御嶽山の噴火は戦後最悪の火山災害となった。日本列島にある活火山1​1​0のうち、47が噴火の恐れが高い火山として24時間の常時監視体制が敷かれている。その常時監視火山のうち御嶽山を含む30火山では、危険度を5段階に分けて公表する「噴火警戒レベル」が適用されている。ちなみに御嶽山は噴火するまで警戒度が一番低い「レベル1(平常)」=「静穏な火山」だった。ところが、実際は静穏ではなかった。噴火17日前の9月10日から山頂付近で火山性地震が増え、低周波地震も発生していた。気象庁は9月11日から16日にかけて「火口近傍に火山灰等が噴出の恐れ」と、「火山解説情報」を3回発表した。しかし、噴火警戒レベルは「1」のままだった。御嶽山で起きた前回2​0​0​7年の噴火では、火山性微動や地殻変動が観測されたが、それは見られなかった。通常、噴火の前には群発地震、微動、山体の膨張などが起こる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。