輿石が黒幕「山梨中部横断道」

税金をドブに捨てる高速道路計画が復活。田舎暮らしを求めた住民は泣き寝入りか。

2014年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「豊かな自然の中での心地よい暮らしを求めて……」山梨県が移住者誘致を目的に2​0​0​9年に設立した外郭団体「やまなし二地域居住推進協議会」が発行する広報誌「山梨Life」の表紙にこんなキャッチコピーがある。都心から2時間圏内というアクセスの良さに加え、自然に恵まれ、果物や野菜の栽培も盛んな山梨はセカンドハウスや引退後の終(つい)の棲み家として注目されている。ところが、理想の田舎暮らしを求めた一部の住民から「裏切られた」と憤りの声が上がる。舞台は須玉、長坂など7町村が04年11月に合併して誕生した北杜市(人口は約4万8千人)。八ケ岳山麓の風光明媚な高原地帯だが、立ち消えになったはずの高速道路計画が、推進派の巻き返しで復活し、地域住民らが猛反発しているのだ。

不採算道路が「敗者復活」

今年7月、国土交通省の社会資本整備審議会道路分科会関東地方小委員会は、中部横断自動車道長坂~八千穂間 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。