「自毛植毛」医療法人に査察

薄毛の悩みにつけこみ、自由診療で濡れ手に粟。儲けを外車や別荘、家賃につぎこんで経費とする手口がバレた。

2014年10月号 DEEP [薄毛ビジネスの裏側]

  • はてなブックマークに追加

かつらや育毛、植毛ではなく、自分の髪の毛を使って植え替え、薄毛を解消する「自毛植毛」の分野で日本最大手のアイランドタワークリニック(ITC)が、東京国税局査察部(マルサ)の強制調査を受けたのは、今年3月25日のことだった。この日、東京の新宿院のほか、大阪院、名古屋院などITCグループが、運営母体の医療法人社団萌永会(西新宿6丁目の新宿アイランドタワー内)ともども約1​5​0人のマルサに急襲された。まだ、調査の段階とはいえ、査察案件の約7割が刑事告発に至り、脱税事件となる。その見極めがつくのは査察後半年以降。急成長しているITCだが、安閑としてはいられない。「薄毛は病院で治せる時代です」テレビ、雑誌、インターネットなどで、こんな広告を見た人は多いのではないか。元競輪選手の中野浩一、元プロ野球選手のギャオス内藤がイメージキャラクターになっている。5千億円市場が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。