GPIFは「緒戦」の塩崎厚労相

2014年10月号 連載 [監査役 最後の一線 第42回]

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三首相は9月3日に内閣改造を行い、第2次安倍改造内閣を発足させた。首相を除く18人の閣僚のうち6人を留任させる一方、8人の初入閣大臣を誕生させ、女性閣僚も過去最多に並ぶ5人とした。「女性活躍促進」など安倍カラーを打ち出した改造で、内閣支持率も上昇傾向にあるなど、まずまずの出だしとなった。そんな中で資本市場がすかさず反応したのが塩崎恭久・厚生労働相だった。改造前日の2日に塩崎厚労相内定のニュースが流れると、東京株式市場で日経平均株価が大幅に上昇。その日は結局、192円高の1万5668円で引けた。およそ7カ月半ぶりの高値水準になったのである。なぜ塩崎厚労相で株価が上がるのか。市場の解説は、塩崎氏が所管の厚労相になることでGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)改革が進むというもの。自民党の政調会長代理としてGPIF改革の旗を振ってきた塩崎氏の改革手腕に期待し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。