日米が手を拱く中華秩序の先兵「AIIB」

2014年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ブラジルとロシア、インド、中国、南アフリカのBRICS5カ国は7月、ブラジルで開いた首脳会議で「新開発銀行」と「新たな外貨準備基金」の創設を決めた。それぞれ新興国版の「世界銀行」「国際通貨基金(IMF)」であり、第2次大戦後のブレトンウッズ体制に挑む「新世界秩序」を目指す。しかしブレトンウッズの首魁、米国の反応は冷淡だ。米政府高官は「BとRは成長が低迷し、IとCはいがみ合い、そしてSは脆弱すぎる」と漏らした。米国が今、警戒しているのは、BRICSによる新世界秩序ではない。21世紀の「中華秩序」だ。その先兵の名を「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」という。AIIBは昨年、中国の習近平主席が創設を提唱した国際金融機関だ。アジアで増すインフラ開発需要に応じ、積極的に資金を供給すると訴え、アジア各国に出資を呼び掛けてきた。資本金は1千億ドル規模となる見通しで、中国は11月に北 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。