「5兆円突破!」防衛予算が発火点

中国シフトの防衛予算5兆円突破の対外的なメッセージは強烈。ナショナリズムの高揚と相まって「軍拡競争」に火をつけないか。

2014年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

8月29日に発表された平成27年度予算の概算要求は、総額102兆円と過去最大となった。中でも防衛省の要求は、今年度予算に比べ1310億円(2.8%)増と、史上初めて5兆円を突破した。3年連続の増加である。防衛省は防衛予算の増大について「政府専用機の購入費542億円が総額を押し上げた」と説明する。しかし、米軍再編関係費の地元負担軽減分などを除いても、要求額は今年度より1035億円(2.2%)増え、自衛隊発足以来、最大の4兆8​9​9​4億円に達した。周辺諸国との摩擦が高まる中国の海洋膨張戦略に対抗する、「防衛予算5兆円超え」の対外的なメッセージは強烈だ。新規購入航空機(33機)のうち、ステルス戦闘機F35A(6機)、P1対潜哨戒機(20機)など、中国シフトの正面装備機が大半を占め、F35Aについては「島嶼部に対する攻撃への対応」の項目の筆頭に明記されている。南西諸島方面に関する措置について ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。