蟻地獄AAHの「パンドラの箱」

出るわ出るわ。「不都合な幽霊」を認めて決算修正した後も、内部告発の嵐が吹く。

2014年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

パンドラの箱が開いた。本誌7、8月号で東証2部上場のアジア・アライアンス・ホールディングス(AAH)の乱脈経営ぶりや不透明な資金のやり取りがあったことを報じた。その後、AAHは過去の決算修正を発表したり、AAHの新株予約権を譲渡した海外ファンドが1年以上も前に解散していたことを認めたりと防戦一方だ。しかしその甲斐もなく状況は一段と悪化し、AAHは確実に追い詰められようとしている。8月号でAAHの筆頭株主「のぞみ1号投資事業有限責任組合」が個人投資家との間で交わした出資契約書のコピーが本誌編集部に送られてきたと書いた。そのコピーには出資者の姓名に加えて住所も記されており、その真偽を確かめるために出向いてみたところ、出資者本人から直接話を聞くことができた。結果から言えば、出資契約書は本物だった。

父を広告塔にカネ集め

出資者は船戸義徳社長の実家がある東京・江戸川区に集中しており、そ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。