飽和スマホの二番煎じ戦争

アップルウォッチ? どこが新しい。いよいよ「ガラパゴス化」で、サムスンとともに二強時代の終幕近し。

2014年10月号 BUSINESS [iPhone6の袋小路]

  • はてなブックマークに追加

One more thing (もう一つ隠し玉)――久しく聞くことのなかった「カリスマ」創業者、故スティーブ・ジョブズの専売だったフレーズが復活した。9月9日、新型iPhoneの発表会では、目玉であるiPhone6/6 Plusの発表も一段落し、終盤にさしかかろうというタイミングでアップルCEOのティム・クックがそう告げた。会場ではウォーという歓声とスタンディングの拍手。ステージ上でガッツポーズのCEOが応える。まるでロックコンサートのアンコールだ。この日、スマートフォン(スマホ)のiPhone6に続いて発表されたのは、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウォッチ」だった。だが、観客の興奮とは裏腹にその内容は「革新」にはほど遠い。iPhoneと連携して電話、メール、SNSの着信通知、心拍数などフィットネス情報を扱うことができるというが、先行して販売・発表されているサムスンの腕時計型ウェアラブル端 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。