「早くも火花」関西財界トップ人事

関経連は松本住友電工、大商は尾崎大阪ガスが本命だが、下馬評通りとは限らない。

2014年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2015年は関西財界の当たり年になりそうだ。関西経済連合会、大阪商工会議所ともトップが交代するとの見方が出ているからだ。政治で言えば衆参同時選挙みたいなもの。お祭り騒ぎが予想される。一つには体調問題がある。関経連の森詳介会長(関西電力会長)は、今年2月に開催された関西財界セミナーで、冒頭の問題提起で登壇する予定だったが、体調不良を理由に当日朝にドタキャンした。関経連は財セミの主催団体であり、そのトップが欠席するなど前代未聞。会場の国立京都国際会議場には森氏の健康不安説が流れ、異様な緊張感が漂ったという。その後、森氏は通常業務に復帰し、関経連での活動も再開している。関係者によれば「森氏の病気は消化器系」だといい、関西財界では「痔ではないか」という観測も流れた。だが、「いくら激痛に襲われたとしても、痔で財界セミナーを休むはずがない」という疑念は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。