オバマ外交「失敗の研究」

対イラク・シリア政策は米国の対外戦略上の歴史的失敗だが、対中国・ロシア外交では健闘し、立ち直りつつある。

2014年10月号 GLOBAL [「Gゼロ」未然世界]

  • はてなブックマークに追加

バラク・オバマ米大統領の外交政策は最近、国内ばかりか世界でも十字砲火を浴びている。オバマひとりがすべて悪いと誰も指弾するわけではないが、シリアやイラクに始まりロシア、ウクライナ、東アジアや南アジアまで――世界の混乱を事実上招いたのは米国の現政権の政策ミスにある、と難じる声は募るばかりだ。大統領自身が2011年にリビアのカダフィ政権を転覆させた後の米国の政策は「失望に終わった」と認め、ヒラリー・クリントン前国務長官が8月にオバマの外交政策を批判したことも騒ぎを助長した。ヒラリーは2年前、シリアの反体制派への武器の供与を主張したが、オバマに反対されたことを明らかにし、米国が何をめざそうとしているのかが明らかでない、と暗に戦略の欠如を批判した。オバマ外交の標語として有名かつ悪名高い「バカなまね(軍事介入)はするな」は大国の外交の基本原則としては不適切 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。