産廃ダイセキが「鉛汚染疑惑」

今どきの日本で環境汚染? 中国じゃあるまいし……。東証1部上場企業が、宇都宮の郊外で垂れ流しとは。

2014年10月号 LIFE [「第二の足尾銅山」ルポ]

  • はてなブックマークに追加

バンガローではしゃぐ若者たちの声を背に、スコップで穴を掘った。体重をかけて、ぐさりと切っ先を雑木林の土にめり込ませるごと、汗がだらだら流れる。50センチまで掘り進め、一定の深さごとに土をビニール袋に分けてサンプルを採った。栃木県の県都、宇都宮市北西部の丘陵地帯にある篠井町。市立「うつのみや平成記念子どものもり公園」はバンガローやキャンプサイトを備え、自然の丘陵や雑木林を生かして児童・生徒の自然観察や集団宿泊体験学習が行われるが、「隣接する鉛精錬工場の排煙による鉛汚染があるのではないか」との情報が編集部に寄せられた。重金属の鉛は血中濃度が高くなると鉛中毒となり、心筋梗塞・肝臓障害など深刻な健康被害につながる。真偽を確かめるため、公園の土壌を3カ所採取し、検査機関に送って分析してもらった。すると、キャンプ場近くの採取地点で地表から1センチの土で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。