「国税の標的」田中・日大理事長が「3選」

2014年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

9月10日、日本大学の田中英壽理事長がシャンシャンで「3選」された。醜聞続出にもかかわらず、「再選阻止」の動きはなかった。ある学部長は「ヤクザが怖くて」と漏らす。8月末、右翼系ミニコミがネット上で、田中理事長と指定暴力団山口組の組長と思しき人物とのツーショットを暴露したからだ。すでに指定暴力団住吉会の最高幹部との写真が流出しており、「次は広島の大親分と元横綱と本人の写真が出る」と噂される始末だ。常務理事には、石井進、成澤文明、古屋尚の3氏が再任され、新たに総務部長の加藤了氏と法学部校友会長の中村克夫氏が抜擢された。ある理事は「文部科学省や国税など厄介な対応を任される総務担当が、手練れの田中範男氏から、高齢の石井氏(昭和38年理工学部卒)に代わって大丈夫なのか」とこぼす。それ以上に、学内を驚かせたのは、都内で不動産業を営む中村氏の抜擢だ。教職員出 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。