粗悪議員のデパート「大阪維新」

尾を引く「女生徒とLINE」府議騒動。結いの党と並んで橋下維新の支持率はゼロ。

2014年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

橋下維新の「大阪都構想」が胸突き八丁の正念場を迎えた。大阪都実現には①大阪府・大阪市による法定協議会で設計図(協定書)を作成、②協定書を府市両議会が承認、③住民投票、と三つのハードルを越えねばならないが、他会派を排除して単独で作った協定書案を維新が総務省に提出。激しい対立の中、総務大臣は結局、文書で苦言を付しながらも維新案を了承した。次は最大の壁「両議会の承認」の突破。だが過半数を握る野党各派は怒り心頭。先行きは暗雲に覆われている。

橋下の術中に嵌った総務相

9月5日、橋下徹市長、松井一郎知事は、浅田均法定協会長から笑顔で協定書を受け取った。大阪維新の会の代表、幹事長、政調会長が勢ぞろい。大都市地域特別区設置法に従い首長に協定書を送付するセレモニーだ。無理に無理を重ねた経緯が、三人の頭をよぎったに違いない。法定協の自公民の府議を一方的に解任した「クーデター」を皮切り ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。