巨大ハコモノ利権の「破壊神」復活

2014年10月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

ゴジラは戦後日本のトラウマだった。1​9​5​4年に薄暗いスクリーンで見た、東京の夜空を圧する巨大な影と火炎に包まれる街。あの金属音の咆哮には、大空襲の恐怖が投影されていた。幼心にもそれが伝わり、幾晩もうなされた。それから60年、CGで制作された最新の米国版ゴジラも、潜在する恐怖をアップ・ツー・デートしている。前半は原発メルトダウン、後半は9・11の摩天楼崩壊を連想させた。人類の奢りを罰する「破壊神」は今も昔も変わらずで、初代ゴジラも第五福竜丸を下敷きにしていたから、反原発をパニック映画に仕立てたハリウッドの商魂を「あざとい」とは責められない。今や背丈は初代の2倍、1​0​0メートルを超す堂々たる巨神に、もう一つのトラウマが浮上した。ゴジラ誕生の翌年、保守合同で生まれた55年体制と政官一体の「利権メガトン怪獣」が、今また安倍改造内閣のもとで復活してきたのだ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。