最年少市長収賄に「ヤミ司法取引」疑惑

美濃加茂の藤井市長は現金授受を否定。贈賄側や被害者側にも「ヤメ検」登場。

2014年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

浄水設備納入をめぐる受託収賄などの疑いで逮捕、起訴された岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長(30)は一貫して無実を訴え、保釈後は公務に復帰した。裁判は市長側が現金授受を否定し、検察側と贈賄側の「ヤミ司法取引」を指摘する異例の展開となりそうだ。全国最年少の市長という話題に加え、元検事の「ヤメ検」弁護士が市長側、贈賄側などに分かれて登場し、目が離せない事件となっている。

捜査機関が喜ぶ虚偽供述?

藤井市長は6月24日、愛知県警などに逮捕され、名古屋地検による起訴は7月15日。贈賄側として浄水設備会社の中林正善社長(44)も一緒に逮捕、起訴された。市長の弁護人を務める元東京地検特捜部検事、郷原信郎弁護士のブログによると、市長側は逮捕後の裁判官による勾留決定から争い、勾留の取り消しを求めて最高裁に特別抗告までしたものの、認められなかった。起訴後の保釈請求も検察側が「罪証隠滅のおそれ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。