遠藤「五輪担当相」待機の皮算用

麻生、森の元首相2人を担ぐ調査会と議連でJOCを袋叩き。利権奪取を画策する。

2014年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

内閣改造を翌日に控えた9月2日。東京・永田町の議員会館の多くの部屋には明かりが灯っていた。内閣改造で入閣がささやかれる議員たちは、首相官邸からかかってくるはずの“呼び込み”電話をまんじりともせず待っていた。衆議院第一議員会館703号室の遠藤利明(山形1区)もその一人だった。秘書と2人で部屋に詰めていた遠藤は、取材に押しかけてきた記者らに「正式に(電話が)来るまではわからんよ」と話していたが、新聞数紙が「遠藤文部科学相」を伝えていたこともあり、どこか余裕が漂っていた。ところが、時計の針が午後11時を回っても、首相官邸から電話がかかってこない。しだいに笑い声さえなくなった703号室を、遠藤らが後にしたのは日が変わってからだった。実を言えば、遠藤の所属する政策集団「有隣会」を率いる谷垣禎一前自民党総裁が、異例の幹事長就任を引き受ける条件として、安倍晋三首相 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。