「代ゼミ」凋落の裏に「高宮一族」の確執

ワンマン創業者の高宮行男が亡くなるまで金縛り。孫の敏郎が大ナタを振り下ろしたが……。

2014年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

駿台、河合塾と並ぶ「3大予備校」の一角、代々木ゼミナール(高宮学園)が、校舎の7割閉鎖と大幅な人員削減に踏み切ることを決めた。突然に見える決定の裏には、創業家の高宮一族の祖父と孫の路線対立があった。「これまでのサービスを維持することが困難となり、全国一律の校舎運営、事業展開を根本より見直さざるを得ない状況に立ち至りました」代ゼミの講師や職員は8月20日、高宮英郎理事長名の「今後の事業展開について」という1枚の紙で、突然大リストラを通知された。全国27校舎を本部、名古屋、福岡など7校に集約し、20校は今年度で閉鎖する。講師3​0​0人と契約を更新せず、職員7​0​0人を3​0​0人に減らす。講師には「生徒や保護者、高校には9月以降説明するので他言しないよう」指示が出され、40歳以上の職員には9月から行う希望退職の応募書類も配られたという。寝耳に水の通告に校内は大騒ぎに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。