明日は我が身「ベネッセ巨額補償」

新浪剛史と原田泳幸。2人のカリスマ経営者の急場凌ぎが日本企業の足を引っ張る。

2014年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2千万件を超える顧客情報が漏洩したベネッセホールディングスが、その収拾に苦しんでいる。「金銭補償はしない」。当初の方針を撤回し、顧客に総額20‌0億円の補償をすることにしたが、明日は我が身の大手企業は巨額補償に戦々恐々。騒動は安倍内閣の成長戦略にも暗い影を落としつつある。

「最低でも500円」が相場

今年度見込んでいた連結最終利益(213億円)をほぼすべて顧客への補償に充てると表明したのに、ベネッセへの逆風は収まる気配がない。原田泳幸社長は記者会見で「ベネッセは被害者か加害者か」と詰められて「これだけ迷惑をかけたという意味で、加害者と思っている」と明言せざるを得なかった。当初原田氏は、件数こそ多いものの、きちんと発表して説明すれば大事には至らない、と考えていたようだ。これまでに判明した漏洩情報の中身は1993年から昨年までに生まれた子供の氏名や住所、生年月日、保護者名など。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。