安倍 vs. 習「実力勝負」外交

今や中国は韓国、日本は北朝鮮に互いのパートナーを交換――。この奇妙なクロス関係は、どちらに分があるのか。

2014年9月号 POLITICS [日中は「望遠鏡」の関係]

  • はてなブックマークに追加

1年半も凍りついたままの安倍対中外交に、猛暑の余熱か、結氷のゆるみとも見える動きが今夏、いくつかあった。7月中旬。集団的自衛権行使容認決定の騒ぎが一段落したのを見計らい、自民党の高村正彦副総裁が毎日新聞紙上で「安倍晋三首相はもう靖国神社には行かない」との見方を明らかにした。5月に訪中した際、中国側要人に表明したという。7月末、福田康夫元首相が北京を訪問し、日本の政府・与党要人が誰も会えずに困っている習近平国家主席と面会し、「安倍首相は日中関係を改善したいと考えている」と伝えた。首相官邸と外務省は「関知していない」との立場だが、もちろん会見の前後に福田氏から政府へ連絡はあった。

中国から態よく担がれる福田元首相

8月9日には、ミャンマーの首都ネピドーで、岸田文雄外相が王毅中国外相との日中外相会談を実に約2年ぶり、第2次安倍政権発足後では初めて実現。関係改善を呼びかけた。会談の時 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。