「虎ノ門」で見えた森ビルの憂い

辻社長と森稔未亡人が光を浴びるが、影薄い娘婿の副社長。「亡きカリスマ」の威光どこまで。

2014年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

およそ2年前、「カリスマ」と呼ばれた経営者、森稔が世を去って以来、最も晴れがましい日を森ビルは迎えていた。6月10日(開業は11日)、森ビルが総事業費2340億円余を投じて東京・港区に開発した「虎ノ門ヒルズ」のオープンセレモニーが華やかに開かれた。政財界から招かれた要人たちを社長辻慎吾、森稔の未亡人佳子が溢れんばかりの笑顔で出迎える。主賓を代表して挨拶に立ったのは首相安倍晋三だった。地上52階建て、高さ247メートルの超高層ビルを褒めそやした安倍は、こう続けて森ビル関係者を喜ばせた。「都市が直面する様々な課題にチャレンジしたこの虎ノ門ヒルズは、新たな都市作りのモデルを世界に示すものであると考えます。官も民もなく、みんなで東京を世界一の都市にしていく。この虎ノ門ヒルズのオープニングが、その素晴らしい幕開けとなることを祈念しています」

見限られた「眠れるトラ」

11年前の4月22日。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。