黄昏れるグリー、DeNAが「多角化」に活路

気がつけば「負け組」ミクシィにも時価総額で抜かれた両社。ジリ貧で異業種参入。

2014年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

再びソーシャルゲーム業界の勢力図が大きく塗り替えられようとしている。この夏、その地殻変動を表す2つのニュースが業界を賑わせている。ひとつは、東証マザーズ上場のミクシィが、ゲーム「モンスターストライク」の大ヒットで上場来高値を連日更新したことだ。8月1日には終値(6300円)ベースでの時価総額が5‌24‌1億円となり、東証一部上場のグリー(2020億円)、ディー・エヌ・エー(DeNA、1993億円)の2倍を大きく超えた。ネットビジネスの主戦場がPCからモバイル(ガラケー)に移行して以来、3大SNSの中で常にグリー、DeNAの後塵を拝してきたミクシィが、遂に「負け組」の汚名を返上した格好だ。ミクシィが8月8日に発表した2014年度第1四半期決算は、売上、経常利益ともに大幅に上昇。一方、8月6日と13日にそれぞれ発表されたDeNAの14年度第1四半期決算と、グリーの14年6月期通期決算は冴えないも ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。