医療事故の遺族情報「マスコミ漏洩」で告訴

2014年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

2月に東京女子医科大学で2歳児が亡くなった医療事故の遺族の名前や住所などの情報が、一部マスコミに流出した件で、8月18日にも遺族側が刑法1‌34条(医師の守秘義務)違反容疑で告訴する見込みとなった。病院側もこの件を内部調査しており、8月12日、結果が遺族側に報告された。吉原俊雄執刀医(前副学長)の知人のデザイン会社社長が、外部のマスコミ記者につないだ証拠がある。解任された笠貫宏前学長も直接遺族に手紙を送っており、マスコミからの手紙と同様の住所表記ミスがあったという。しかし2人とも病院からの数度の呼び出し状を送り返し、事情聴取に一切応じなかった。このため漏洩の詳細な状況はわからずじまいで、告訴は被疑者不詳のまま行われる模様だ。笠貫学長解任後、学内では追加処分もありうる情勢だが、クーデター派は理事会批判で対抗している。中心人物の高桑雄一医学部長は、学生 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。