命のバトンを受け渡す「看取り士」

「人生の99%が不幸だとしても、最期の1%が幸せならば……」と、日本看取り士会が初の全国大会。

2014年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

かつて「看取り」は日本の文化だった。多くの日本人が、人生の最期を慣れ親しんだ自宅で過ごし、家族や友人、近所の人に見守られて生を終えた。だが戦後、わずか半世紀余りで看取り文化は急速に廃れた。村社会の崩壊と核家族化の進行により、看取りに欠かせない「介護力」が地域と家庭から失われた。また国民皆保険制度と医療水準の向上を背景に、病院で死を迎えることが一般化した。自宅で死ぬ人がほとんどいなくなったことで、死は日常生活から切り離され、忌み嫌われるようになった。「死を恐れるのは高齢者の見守りを業とする特別養護老人ホームも同じ。特養は夜間の泊まり勤務が多く、死にかけている人がいると同僚介護士から『泊まりを交代してほしい』と頼まれることが多い。自分1人のときに人が死ぬのが怖いのです。若い介護士だけではなくベテランからも頼まれます」(特養職員)現在、病院へ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。