藤田サイバーエージェント「キラキラ経営」の失速

2014年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

在籍する女性社員は「キラキラ女子」と形容され、今や“イケてる”大学生の就職で憧れの的である、サイバーエージェント。生き馬の目を抜くネット業界において、2000年当時の史上最年少上場から一大人気企業を作り上げた創業社長の藤田晋氏(41)は、業界きってのカリスマである。だが一方で、戦略がコロコロ変わる藤田氏の “風見鶏”ぶりに、またもや周囲が振り回されている。社内外に衝撃が走ったのが、7月24日の決算説明会だ。アナリストや記者らを前に藤田氏は、12年6月からスマートフォンシフトに向け全社を挙げて取り組んできたAmeba(アメーバ)事業の人員1600人を、8月1日付で半減させることを発表。半減の対象となる800人は別部署に異動するが、うち200人の有期雇用者は契約更新しないと見られ、実質的な人減らしと言える。ある子会社幹部によれば「事前に僅かな人間にしか知らされておらず、多く ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。