孫正義敗れたり「3社寡占モデル」

日本の通信競争政策の隙をついた「成功体験」が米国で通じず。拡大一途頓挫で窮地か。

2014年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

孫正義の成長シナリオが日米同時進行で狂い始めた。昨年の米携帯電話業界3位のスプリント・ネクステル買収に続き、業界4位のTモバイルの買収を進めていたが、連邦通信委員会(FCC)の承認を得られる見通しが立たず断念。全米3位と4位を統合することで、ベライゾンとAT&Tの2強状態を打ち破る野望に狂いが生じたのだ。8月8日、孫は4~6月のソフトバンク四半期決算説明会に臨み、買収断念には「ノーコメント」としながらも、「米国市場の健全な競争には二強状態よりは三つ巴のほうがいい。この考えは変わっていない」と述べた。孫らしい負け惜しみだが、ある意味で本音だろう。日本の携帯電話料金は以前は「世界一高いケータイ」などと揶揄され、超過利潤を得ていたことは事実。孫は日本をキャッシュカウ(カネを生む乳牛)にしてスプリントを買収、米国に乗り込んだが、設備投資を怠ってきたスプリントは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。