アコーディアに平手打ち 二度おいしい「強欲」レノ

2014年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「村上ファンド」の村上世彰氏が実質オーナーと見られる投資会社レノが、ゴルフ場運営のアコーディア・ゴルフ(東証1部)をしゃぶり尽くそうと圧力をかけている。株式の34.62%(8月5日時点)をレノ系7社に保有されているアコーディアは8月1日、傘下の90ゴルフ場を運用資産に組み込んだ不動産投資信託(REIT)をシンガポールで上場、計画を15億円上回る1‌13‌2億円を調達した。このうち4‌50億円以上を自己株買いにあてる予定で、狙いはもちろんレノに買い進まれた株の買い戻しにある。レノにとっては待ちに待った「塩漬け脱出」だが、それだけであっさり済ませないのが村上流。5日、アコーディアの取締役10人のうち社外取締役6人全員の解任と、三浦恵美レノ代表ら5人を新たな取締役候補に立てて、臨時株主総会の招集を求めたことが明らかになった。レノが不満なのは価格だろう。市場ではREIT上場時に1300 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。