「宴の後」ブラジルは予測不能

10月大統領選は現職ルセフが優勢だが、「ロワー・ミドル」の台頭で光と影がまだら。

2014年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

ブラジル国民にとって近来まれに見るその惨事は7月8日、南東部ベロオリゾンテ市にあるミネイロン・スタジアムで起こった。FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ(W杯)準決勝で、ドイツがブラジルを7対1の大差で破り、6度目の優勝を狙うブラジルチームの戦いは、全土の国民の眼前で屈辱的な幕切れを迎えたのだ。「W杯のレベルに達していなかったんだ」とブラジル人サポーター、アントニオ・ボンフィンはスタジアムの外で吐き捨てるように言った。「7対1なんてあまりにひどすぎる」とはいえ、ピッチでこそ無様な姿を見せたブラジルも、大会自体の運営は驚くほどの出来映えだった。土壇場で完成したスタジアムは立派に持ちこたえ、老朽化して軋み音を立てていたインフラは、(大会期間中はビジネス全般が休止したことにも助けられ)それなりに機能し、反W杯の抗議デモも予想されたほど起きなかった。実 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。