インスパイアー「聴求」で監視委が勇み足

2014年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

6月17日、証券取引等監視委員会(日本版SEC)はジャスダック上場企業を急襲した。同委員会の開示検査課が通称“聴求”と呼ぶ(捜査令状に近い書類)書面を示しながら調査に入ったのは、通信機器販売会社、インスパイアーだ。開示検査課は、特別調査課のように逮捕令状を執行できるセクションではないが、企業の粉飾決算などを担当する中枢といってもいい部署だ。その担当者たちが、インスパイアー幹部らを集めて「調査に入ったことを誰にも言ってはならない。家族にも他言無用。必ずこれは守って下さい」と言ったから、インスパイアーは震え上がった。監視委が調査に乗り出した目的はおおよそこうだった。2008年にインスパイアーからトランスデジタル(11年破綻)へ、ダミー会社を経由させて1億9千万円への貸し付けを行った事実の究明――。次に09年にソフトウエア開発名目で計上された1億6千万円(後に償却 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。