電通が「知らぬ存ぜぬ」W杯チケット逮捕劇

2014年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

電通の心胆を寒からしめる事件のはずだった。サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で沸いていたリオデジャネイロの高級ホテル、コパカバーナ・パレスで7月7日、ブラジル警察が一人の英国人を逮捕した。容疑は観戦チケットの組織的な違法販売。数日前に11人が逮捕されている。新たに逮捕されたのは、何と大会を主催する国際サッカー連盟(FIFA)の公式パートナー、マッチ・ホスピタリティーAGの役員レイモンド・ウィーラン(64)だ。英米紙はもとより、現地紙でも写真付きで大々的に報じられたが、日本人記者はほとんど気づかず。転電以外は日本のニュースにならなかった。問題のマッチ社は、観戦チケットやスタジアムでの飲食やギフトなどの高額パッケージを企業に販売するFIFA公認企業で、電通が2008年に25%出資し、チューリヒのオフィスには社員を派遣していたほどの関係で、電通元専務でス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。