アップルiTunes凋落の足音

音楽ダウンロードはもう古い。聴き放題ストリーミングに食われ、30億ドルでビーツ買収。

2014年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

最近、電車や町中で大きく「b」のロゴが入ったカラフルなヘッドフォンをつけて闊歩する若者を見かける。米国のヘッドフォンメーカー「ビーツ・エレクトロニクス」の製品だ。米国では、そのデザイン性の高さや、有名人が使用していることから10代の若者に圧倒的な支持を得て、ヘッドフォン業界でのシェアは5割を超えているという。ビーツはヘッドフォン製造だけでなく、今年1月からビーツ・ミュージックという会員制の音楽ストリーミング(受信しながら同時再生)サービスを開始した。ハードからコンテンツプラットフォームへの進出は、アップルを彷彿とさせる。そんなビーツをアップルが30億ドルで買収した。アップル史上最高額の買収劇だ。ビーツの創業者2人が、レディー・ガガ、U2、エミネムらが所属するメジャーレコード会社の創業者であり、大物プロデューサーのジミー・アイオヴィン、そして黒人ラ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。