JA共済と東京海上の提携交渉に暗雲?

2014年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大山鳴動して鼠一匹。全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)と東京海上日動火災保険が包括的な業務提携に向け、協議開始を華々しく発表してから1年以上が過ぎた。ところが、目ぼしい成果が上がっていない。せいぜい、農業リスクという超ニッチ分野で提携発表しただけ。どうやら暗雲が立ち込めているようだ。昨年5月の共同記者会見で、JA共済連と東京海上は国内の人口減少などを背景に、「自動車などの損害保障分野における、商品やシステムの共同開発、損害調査の高度化・効率化をはじめ、幅広い分野で業務提携の可能性を追求していく」と高らかにうたい上げた。同時に、「2014年3月を目途に具体的な提携事項についての合意を目指す」と組合員や株主に約束していた。農協の保険事業を独占する巨人と、民間損保の雄による固い握手は、ライバル損保を震撼させるのに十分な破壊力があった。このプレスリ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。