躓いた「新橋の事件屋」

記憶力抜群の有名人。世田谷案件で一網打尽の目に。

2014年8月号 DEEP [短期集中連載(中)土地の金狼群像]

  • はてなブックマークに追加

「新橋の野口(勝男)」の名は、不動産ブローカーの間で轟いていた。競売物件、事故案件、問題の土地には、いつも顔を出し、うまく立ち回ってカネにする。情報力と資金力はブローカーのなかで抜きんでており、不動産業界で「野口を知らなければモグリ」とまで言われた。その名が、燦然と輝く不動産登記簿謄本がある。世田谷区成城の一等地約100坪。2009年8月5日、ジャスダック上場の建設会社が、大田区に住む野口勝男個人に、極度額1億円の根抵当権を設定している。7月8日、野口は、この土地の所有者である85歳の老人になりすまして1億2千万円の小切手を詐取した「地面師」と呼ばれる詐欺師グループの一員として逮捕された。他の逮捕者は、滝沢雅弘、八重森和夫、染谷俊之、笹井文男、渡辺克己、石井充孝、番野秀雄の7人である。それなりに有名だが、野口の名は突出している。今、野口は小菅拘置所にい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。