アジア・アライアンス「不都合な幽霊」

4月に新株予約権を譲渡したファンドが実は“幽霊”。他にも続々と疑惑が浮上する。

2014年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

ひとたび「ハコ企業」の泥沼に身を沈めた企業は、二度と浮かぶ瀬はないのだろうか。前号で書いた東証2部上場の投資会社、アジア・アライアンス・ホールディングス(AAH)のことである。旧社名「ジェイ・ブリッジ」で悪名を轟かせ、野村証券出身の船戸義徳社長が乗りこんで出直したが、またも乱脈経営を糾弾する声が社内から上がり、資本増強が首尾よく進まず、投資家間での新株予約権譲渡にAAHからアドバイザリー手数料が支払われたが、不明朗な資金のやり取りがあったことなどを前号では指摘した。読者反響は少なくなかった。内部資料を添付した匿名メールが次々と寄せられ、上場企業の体をなさない実態とともに、新たな疑惑も浮かび上がった。一方、AAH側は役員を立てて「説明したい」と本誌に面会を求めてきた。「社内でヒアリングしたが、弁護士も監査法人も法令違反はないと言っている」という内容 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。