創業家の守道氏が返り咲き戸田建設の社長候補に

2014年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

戸田建設のドン、順之助氏が亡くなったのは昨年10月。その9カ月後の6月27日、ドン不在の戸田建設の新たな執行部がスタートした。昨年度と大きく違うのは、順之助氏の長男の秀茂氏の名前が役員から消えたこと。そして、ドンに嫌われて不遇をかこってきた常勤監査役の戸田守道氏が専務に昇格したことだ。秀茂氏は三菱銀行を経て戸田建設に入社。順之助氏の後継者として、同社副会長に就任したことがある。ところが「心の病」にかかって後継者レースから脱落。坦務を持たない取締役に甘んじてきた。「毎朝、運転手つきの車で出社するものの仕事がなかった。人前で挨拶もできない状態で、順之助氏の告別式の挨拶は秀茂氏の夫人が務めた。取引先企業や世間の目もあり、ドン亡き後も取締役を続けさせるわけにはいかなかった」(戸田建設関係者)一方、専務に昇格した守道氏は、順之助氏の弟の戸田守二・戸田建 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。