「父殺し」に逸る半島と列島

2014年8月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

ゴン! と鈍い音。蜷川幸雄演出『海辺のカフカ』のカーテンコールで、主演の宮沢りえがハイヒールの足を滑らせ、舞台でスッテンコロリ。額を押さえていたから、頭を打ったのか。村上春樹の原作は、メルヘンめいた甘い「父殺し」のドラマだった。世界を包む霧雨のフィナーレに、転倒の音だけがリアルに耳に残った。拉致再調査のため特別委員会を設けた北朝鮮は、三代目金正恩が「父否定」を進めているのだろうか。父の側近、張成沢を粛清したのに続き、先代の「負の遺産」の拉致問題を片付け、日本の援助で孤立に風穴を開けたいのだろう。南の韓国では、セウォル号事故以来すっかり株を下げた朴槿恵大統領が、習近平訪韓を機に中国頼みで政権立て直しを図る。歴史問題での強硬な「反日」の旗は、親日家だった父朴正熙を躍起になって否定しているかのようだ。宿願の靖国参拝と集団的自衛権の行使容認のあ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。