レノ三浦とアコーディア「出来レース」

株主総会で噛みついたが、村上世彰の演出か。「出口」づくりの奇策で会社は焦土化した。

2014年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

金融に無知な経営者に率いられた企業の末路がこれか。日本最大、133コースのゴルフ場を運営するアコーディア・ゴルフ(東証1部)のことである。筆頭株主は「村上ファンド」の村上世彰が実質オーナーと見られる投資会社レノ。株式の3割強を握るこの怖い株主を追い出そうと、アコーディアは焦土化作戦に打って出た。それが本誌昨年10月号スクープの「S-REIT」――保有ゴルフ場を運用資産に組み込んだ不動産投資信託(REIT)をシンガポールに上場する奇策である。6月27日の株主総会で承認され、幹事証券の大和証券が「アコーディア・ゴルフ・トラスト」(シンガポール証券取引所新規上場)への投資家募集の一面広告を日経新聞朝刊に掲載したのは7月8日。シンガポール時間24日に仮条件が決定し、上場日は8月1日になった。そもそもアコーディアが傘下のゴルフ場を事実上切り売りする羽目になったのは、業界2位 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。