やっぱり治らぬ「カネボウ白斑症」

1万人余に症状が残り、4千人が未改善。「後遺症慰謝料相当」なる弥縫策では済むまい。

2014年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

美白化粧品「ブランシール」などを使用した人の肌がまだらに白くなってしまう、いわゆる「白斑問題」――。カネボウ化粧品が自主回収発表から1年が過ぎ、さらなる「窮地」に立たされている。昨年7月、花王出身の夏坂真澄社長は、「最後の1人が完治するまで誠意をもって対応する」と釈明する一方で、「多くの方は、使用を中止すれば回復することがわかっている」と、口走った。昨年9月には「使用中止から回復傾向を確認するまでの期間」なる資料を配布し、使用中止をした200人のうち大半が3~4カ月で改善するというデータも示した。つまり、カネボウとしては「この症状は時が経てば治っていく」と楽観視していたのだ。現実は生易しいものではなかった。6月30日現在、白斑症状が確認された1万8984人のうち、「完治・ほぼ回復」したのは7353人。使用停止から1年がすぎても1万1631人に症状が残り、このうち約4 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。