首都直下・南海トラフの予兆

発生確率は70%と87%。それは必ず起きる地震であり、今年起きなければ、来年は更に発生しやすくなる自然現象だ。

2014年8月号 LIFE [地震火山列島の命運]

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災から、まもなく3年半になる。7月12日未明には福島県沖でやや強い地震があり、津波注意報が出された。岩手、福島、茨城付近など各地では依然として地震が絶えない。秋田でも誘発された地震が続く。大震災以後、火山活動も活発化した。西之島の噴火が不気味だ。超巨大地震の影響を受けて、日本列島の下に潜り込むプレートの力が攪拌され、バランスが崩れてしまった。内陸に起きる地震が倍増し、首都直下の地震も増えた。余震でなく誘発地震が起きている。異常現象は地震以外にもある。GPS観測が広域にわたる地盤の隆起を捉えているのだ。マグニチュード(M)9という超巨大地震が起こると、近くで大地震や火山噴火が誘発されることが多く、数年後になって発生することもある。過去に起きた誘発地震の例としては、▽スマトラ地震(2004年、M9.1)の3カ月後に近傍でM8.6の地震、▽千島列島地震(06 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。