「登記の魔術師」綱渡り

不動産の仕事師たちが蠢き始めた。第一弾は――。

2014年7月号 DEEP [短期集中連載(上)土地の金狼群像]

  • はてなブックマークに追加

不動産業界には、誰もがその存在を知る著名物件がある。規模や価値や場所ではない。
JR新宿駅南口の真珠宮ビル、六本木TSKビル、西麻布迎賓館、南青山3丁目物件、川崎の東田地区、京都駅前の材木町案件、鹿児島の馬毛島……。
いずれも、ひと筋縄ではいかない。名うてのプロが、物件をまとめ、商品に仕上げようと、何度もチャレンジしたが、複雑な権利関係に音を上げ、撤退するか放置してきた。
そんなリスキーな案件に、好んで手を挙げる不動産ブローカーがいる。会社は何社も持つが、基本的にひとりで動く。しかも、登記簿謄本には個人名を載せ、同業者を怯ませる。
小野塚清――。
人呼んで「登記の魔術師」。この名が謄本に記されると、確実に価値が下がるという。
「登記に関する知識が驚くほど豊富。競売で落とそうとする業者がいると、その知識を生かして、あの手この手で妨害する。それもしつ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。