実録・ソニー「追い出し部屋」⑩「ヒト切り」人事マネージャーも辞める覚悟

心の中に、別の人格の自分を作っておいて言い聞かせるわけだよ。「私が言ってるわけじゃない。会社が『辞めろ』と言わせるんだ」と。

2014年7月号 BUSINESS [短期連載⑩]

  • はてなブックマークに追加

「殴られるかもしれない」。そう思ったことがある。彼女はソニーの人事マネージャーだった。リストラに直面する本社の人事部にいる。会社を代表して退職を促すことが仕事の一つになっていた。ある人事部員は居酒屋でこんな冗談を放った。「私たち、いつか刺されるかもね」。同席した知人は黙って酒を飲み干した。ピーンと張りつめた緊張の糸を見たような気がしたのだろう。大した落ち度もないのに、ある日、人員削減の対象になる。「これだけの人数を削減しなくてはいけない」という会社の数字――。言い換えれば、「経営判断」という机上の計が下りてくる。すると、それぞれの部署はリストラ候補者を決めるしかなくなるのだ。1割削減の目標ならば、10人の課員のうち成績が10番目と判断された人。その運のない人に面談して、最後には「あなたの仕事はなくなります」と伝えざるを得ない。それを拒否すれば ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。