「住大夫引退」客離れ文楽の命運

客離れの最大の原因は芸の衰退。中堅の奮起と若手の飛躍に期待するほかない。

2014年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

人形浄瑠璃文楽の人間国宝、竹本住大夫の引退興行(4月大阪、5月東京)と国立文楽劇場(大阪)の開場30周年記念公演が終わった。天皇陛下のご観劇もあって大いに盛り上がったが、「名人引退後」を憂慮する声も強い。我が国自慢の伝統芸能が岐路に立っている。「引退興行の大入りを手放しで喜んでいられない。反動がどんな形で現れるか怖い」文楽協会の幹部たちの心配は深刻だ。この数年、文楽を取り巻く不安材料は多過ぎる。まず、経営の問題。なにしろ、本拠地である国立文楽劇場(753人収容)での客入りが悪い。年5回の東京公演で、切符の入手に苦労するファンには信じられない光景である。大阪の公演を見る限り、採算が取れる公演とは思えない。しかも、文楽は無類の「金喰い芸能」である。語りの太夫と伴奏の三味線、1体を3人(主(おも)遣い、左遣い、足遣い)で構成される人形遣いの三業で成り立 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。